本文へジャンプ

名所・施設

屋島寺

歴史

天平勝宝6年(754年)に唐僧の鑑真和上が屋島の北嶺に普賢堂を建て、持参していた普賢菩薩像と経典を納めて創建。その後、鑑真の弟子で東大寺戒壇院の恵雲律師が堂塔を建立。精舎を構え、「屋島寺」と称し初代住職に就任しました。
弘仁6年(815年)には、弘法大師が嵯峨天皇の勅願を受けて屋島寺を訪れ、北嶺にあった伽藍を現在地の南嶺に遷移。十一面千手観音像を彫造し、本尊として安置しました。
天暦年間(947年~57年)には、明達律師が四天王像を奉納。現在の本尊・十一面千手観音坐像はこの当時に造られ、国の重要文化財に指定されています。
観音坐像とともに国指定の重要文化財になっている本堂は、鎌倉時代に建立。江戸時代には歴代藩主の援助によって何度も修築されました。

本堂
美しい朱塗りの佇まいが特徴の古刹。元和4年(1618年)に竜厳上人が再建しました。建物は、桃山時代のものと伝えられていましたが、昭和32年(1957年)の解体修理の際に鎌倉時代の古材や建築法を発見。鎌倉様式の美しい姿に復元され、今に残しています。
屋根は、一重の本瓦葺の入母屋造り。内部は前2間が外陣、後3間が内陣と脇陣の仕様で、内陣中央に唐様の須弥壇があり、本尊の観音坐像を納める唐様の厨子が安置されています。

蓑山大明神
屋島寺の境内に鎮座する雌雄二体の石像の大狸(屋島の太三郎狸)。日本三名狸にも数えられています。太三郎狸は、弘法大師が霧深い屋島で道に迷った折、老人に化けて道案内をしたり、また屋島で数多くの善行を積んだため、地主の神として本堂の横に祀られました。家庭円満や縁結び、子宝の福運を運ぶシンボルとして、全国から大勢の観光客が太三郎狸に会いに訪れます。

宝物館
本堂に隣接する、貴重な寺宝や源平合戦に関する宝物などを収めた資料館。那須与一の子孫が寄進した「源氏の白旗」や「源氏の勝臼」。土佐光起筆「屋島合戦屏風」、「源平盛衰記絵巻」、狩野深信筆「源平合戦絵図・那須与一の扇の的」などの絵画が収蔵され、屋島寺と屋島の歴史に触れることができます。

営業時間/9:00~17:00
定休日/無休
住所/香川県高松市屋島東町1808
電話/087-841-9418

雪の庭
屋島寺書院の裏庭に、白い凝灰岩が露出していて、四季を通じて、さながら雪が降ったように見える「雪の庭」があります。屋島の上は安山岩ばかりなのに、この庭だけに凝灰岩が出ているのも珍しく、夏は緑樹に、秋は紅葉に映じて、とても美しいです。(宝物館の中から見ることができます。)

もっと知りたい!(外部リンク)

高松旅ネット 観光スポット 屋島(山上)
http://www.takamatsu-kankou.net/spot/detail/348
うどん県旅ネット 観光スポット 屋島寺
http://www.my-kagawa.jp/point/point.php?id=330
庵治・牟礼・屋島 源平の里ポータル 史跡スポット紹介 屋島寺
http://www.e-yashima.jp/yoshitune/yoshitsune/point/yashimaji.htm

前のページへ戻る

このページの上部へ戻る