本文へジャンプ

自然

瀬戸内海国立公園

恵まれた自然と抜群の眺望で、日本で最初の国立公園指定に。

瀬戸内海国立公園は、1934年(昭和9年)に日本で最初の国立公園の一つとして指定されました。現在の国立公園の範囲は、関西から九州まで、合わせて1府10県にまたがり、海域を含めると国内で最も面積が大きい国立公園です。
頂上にある展望台から、瀬戸内の多島美や高松市街地、讃岐山脈など抜群の眺望を満喫できる屋島も、瀬戸内海国立公園に指定されています。現在も貴重な地域資源の屋島を守るために、さまざまな保存への取り組みが行われています。

もっと知りたい!(外部リンク)

環境省|瀬戸内海国立公園
https://www.env.go.jp/park/setonaikai/intro/

前のページへ戻る

このページの上部へ戻る